こんな風に記事を執筆しています

記事執筆の流れ

ライターがどのように記事を書いているのかが不透明だと、不安に思われるクライアント様も多いと思います。

なので、だいたいこんな感じで記事を作成しています~というフローを公開しておきます。

MEMO
ここでは「キーワードだけ渡されて構成から記事を作る場合」を想定しています。記事の作成方法は、お仕事内容によっても変わってきますので、あくまでも「基本的にはこんな感じです」という参考程度に捉えてください。

①事前に勉強する

記事を書き始める前に、執筆するテーマについて勉強するようにしています。

もちろん、一々専門家になってから記事を書いていたのでは、いくら時間が合っても足りませんので、ざっくりとした基礎知識を得るだけです。

たとえば、「脱毛」というテーマで書くなら、

  • 大手サロンや医療機関が出している説明にざっと目を通す
  • Wikipediaの記事に目を通す
  • 「脱毛」検索上位の記事にざっと目を通す
  • できるだけ中立的で専門性の高い記事に目を通す

などです。この程度であれば、一時間ほどで十分に見て回れます。

勉強とも呼べないような、ちょっとした「予習」にすぎませんが、経験上、このような一手間を挟むかどうかで、記事のクオリティは大きく変わってきます。

テーマ全体の理解が浅いまま、いきなり「調べながら書く」をはじめると、どうしてもコピー度の高い文章になってしまいがちです。

最初にテーマ全体のイメージを簡単にでも掴んでおくと、整合性の高い記事を書くことができるようになりますし、「自分の言葉で表現し直す」ことも容易になります。

②記事構成を作る

リサーチを通じて検索者の「知りたいこと」を把握し、それを元に記事の構成を作っていきます。

この工程では、

  • 見出し構成のためのリサーチ
  • 記事を書くための知識の取得

の二つを同時進行で進めていきます。

記事のSEO的な価値は、構成の段階で半分くらいは決まってしまうため、しっかりリサーチを行います。

上位記事のリサーチ

対策キーワードで検索をかけ、上位に表示されているコンテンツを調べます。

とりわけ見出しの設定に着目しながら、対策キーワードでどのような情報が求められているのかをチェックします。

記事に盛り込むべき内容やキーワードを、別窓で開いたエディタにどんどんメモしていきます。

このとき、いくつもの記事に目を通すことでまとまった知識が得られ、記事を書くための下準備にもなります。

サジェストツール

サジェストツールを利用して、さらに「検索意図」に対する理解を深めます。

ただし、サジェストツールは細かすぎるニーズまで拾ってしまうので、ざっと目を通してキーワードまわりの全体像を確認する、という意味合いで使います。

ここまでくると、検索者の顔が見えてきて、記事のイメージが固まってきます。

見出し構成の作成

メモした内容を元に、記事の構成を作ります。

メインの対策キーワードを中心に、リサーチで集めた関連キーワードなどを、各見出しごとに配置していきます。

冗長な記事にならないように注意しながらも、できるだけ網羅性の高い記事になるように心がけます。

③記事を執筆する

構成に基づいて、記事を執筆していきます。

すでに書くべきこと(=見出し)は決まっているので、調べながら本文を埋めていく作業になります。

「見ながらリライト」はしない

執筆の段階では、「上位記事を見ながら書く」ことはしないようにしています。

「情報」は参考にしても、「文章」レベルでは参考にしないようにするためです。

「お弁当を忘れた子に、みんなでおかずを分けてあげる」ようなやり方で、上位記事から文章を寄せ集めても、質の悪いキュレーション記事になるだけです。

情報はいったん頭にしまいこみ、自分の言葉で一から文章を組み立てるようにします。

こまめに調べながら書く

本文を埋めていくときには、少しでも情報不足を感じたら、こまめに検索をかけるようにします。

そうすることで、より専門性の高い記事に当たることができ、記事の内容に厚みと信頼感が増します。

自信のないままに誤魔化して書くと、かならず文章に出るので、面倒がらずに調べるようにしています。

わかりやすさに気を配る

記事を書くときは、「わかりやすさ」を最重視します。

SEOも、究極的には、ユーザーの満足度に行き着きます。

ユーザーはわがままです。余計な文章は読みたくないですし、少しでも「わかりにくいな~」と思ったら離脱していきます。

  • 結論ファースト
  • 言い回しの平易さ
  • 一文の長さ
  • 漢字とひらがなの比率
  • 文字装飾・箇条書き・ボックスなどの使用

などに気を遣い、「わかりやすい!」と思ってもらえるような記事を目指します。

おわりに

以上、執筆フローを簡単に紹介してきました。

WEBライターの仕事は単純と言えば単純です。

情報を集め、再構成し、一本の記事にする仕事です。

上で紹介した執筆方法にしても、SEOライティングとしては極めてオーソドックスなやり方で、何一つ真新しい点はありません。

ですが、単純だからこそ、各工程をどこまでキッチリこなせるかで、記事のクオリティが決まってくると考えています。

クライアント様に満足してもらえるよう、常に全力を尽くして執筆しておりますので、ご依頼の際は安心してお任せください。