WEBライターに求められる「SEO」対策とは?

ランサーズやクラウドワークスのWEBライター募集で、

「SEOの知識がある人」
「SEOを意識した記事が書ける人」

というフレーズがよく出てきます。

ですが、「SEOってなに?」となる人も少なくないはずです。

そこで今回は「SEO」についてわかりやすく解説していこうと思います。

SEOを理解しているかどうかで、WEBライターの価値は天と地ほども変わってきます。

ぜひこの機会にSEOの基本を身につけておきましょう。

WEBライターに求められる「SEO」対策とは?

WEBライターに必要なSEOライティングとは?

まずはSEOについてざっくりとしたイメージを持ちましょう。

SEO=検索上位に表示されるための施策

SEOは、「検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)」という意味です。

検索エンジンは、Googleなどの検索サービスを指します。

SEOの目的は、検索結果で上位表示されることです。

Googleの検索エンジンは日に日に進歩していますが、まだ人間のようにはWEBコンテンツの内容を理解できません。

どれほど素晴らしい内容の記事であっても、検索エンジンの傾向とマッチしていなければ、上位表示は難しいのが現状です。

そのため、検索エンジンの傾向を理解し、最適化した形でコンテンツを作りましょう、というのがSEOの基本的な発想です。

「SEO=Googleからの評価を意識すること」と言ってもいいでしょう。

Yahoo!検索は?
現在、Yahoo!検索はGoogleから検索システムを借りているので、Google対策をすれば、自動的にYahoo!でも上位表示されることになります。

なぜWEBライターにSEOの知識が必要なのか?

WEBライターを募集しているクライアントは、ほとんどの場合、SEO対策を意識した記事を求めます。

なぜなら、クライアントが記事を買うのは、検索エンジンからのサイト流入を増やすことを最大の目的にしているからです。

ちょっと乱暴に言ってしまうと、

記事の価値=検索エンジンからどのくらい人を集めてこられるか?

と言ってもいいくらいです。

検索結果の上位に表示されれば、毎日たくさんの人がGoogle検索からサイトに訪れます。

逆に、検索結果にまったく表示されないような記事であれば、記事の価値はほとんど無いに等しいです。

SEOを意識したライティングができるかどうかで、記事の価値は大きく変わってきます。

クライアントに喜んでもらえるようなWEBライターになるためには、SEOライティングの知識はぜったいに欠かせないのです。

 

WEBライターのSEO~2つのポイント

SEOの2つのポイント

SEOを意識したライティングは、二つのフェーズに分けて考えるとわかりやすいです。

  1. Googleにページの内容を知ってもらうための工夫
    「キーワード」を意識的に配置する
  2. Googleにページの価値を高く評価してもらうための工夫
    「検索意図」に120%応える

この2点を踏まえた上で記事を書けば、「SEOを意識した記事」と胸を張って言うことができるでしょう。

具体的に何に気をつければいいのか、一つずつ順番に見ていきましょう。

WEBライターのSEO①:「キーワード」を意識的に配置する

WEBライターのSEO①キーワードを意識する

SEOライティングの基本は「キーワード」を意識することです。

クラウドソーシングなどで仕事を受注した場合も、クライアントからキーワードを渡されて、それに合わせて記事を書くことがほとんどです。

まずはSEOにおける「キーワード」の重要性を理解しましょう。

「キーワード」でGoogleにページの内容を伝える

Googleはそのページでどのようなワードが使われているか?を元に記事の内容を判定しています。

たとえば、「青汁」「効果」「ダイエット」というキーワードが記事の中で多く使われていれば、「青汁のダイエット効果について書かれた記事なんだな」とGoogleは判断します。

逆に言えば、キーワードを意識的に配置することによって、こちらが狙ったとおりの理解をGoogleにしてもらうことができます。

重要性の高いところに「キーワード」を置く

Googleは記事内のテキストをすべて同じ重さで見るわけではありません。

記事の中で重要な部分に出てくるワードほど、その記事の中心的なトピックを反映しているはずだ、と考えます。

そこで、Googleが重要性を重く見るところに、先回りしてキーワードを配置しておくという戦略を取ります。

具体的には、

  • タイトル
  • 見出し
  • ディスクリプション(説明文)
  • 本文

に意識してキーワードを配置していくことになります。

タイトル

記事の「タイトル」には必ずキーワードを含めます。

タイトルはもっとも重要度の高い場所です。Googleも「タイトルにはその記事の核となるキーワードが登場するはず」と考えます。

なお、記事のタイトルは30文字以内に収めるのがいいと考えられています。それ以上長くなると、検索結果で省略されてしまうためです。

見出し

タイトルの次に重要度が高いのが「見出し」の部分です。

見出しというのは、各段落の前につく小タイトルのようなものです。タグで言うところの「h2」「h3」などに当たります。

たとえば、この記事は「WEBライター SEO」というキーワードで書いた記事ですが、見出しは次のようになっています。

  • WEBライターに求められる「SEO」対策とは?
    • SEO=検索上位に表示されるための施策
    • なぜWEBライターSEOの知識が必要なのか?
  • WEBライターSEO~2つのポイント
  • WEBライターSEO①:「キーワード」を意識的に配置する
    • 「キーワード」でGoogleにページの内容を伝える
    • 重要性の高いところに「キーワード」を置く
      • タイトル
      • 見出し
      • ディスクリプション(説明文)
      • 本文
  • WEBライターSEO②:「検索意図」に120%答える
    • SEOに重要な「検索意図」とは?
    • 「検索意図」は奥が深い
    • 「網羅性」の高い記事を書く
    • サジェストを活用しよう
    • 検索上位の記事を参考にする
  • SEO対策のできるWEBライターを目指そう 

色分けしてみました。これを見て「クドいな~」と思われた人も多いはず。

SEO」のほうはともかく、「WEBライター」というワードのほうは無理やり入れている感じがすると思います。実際、そうなんです。

ですが、こうすることで「WEBライター SEO」というキーワードに関する内容が書かれたページである、ということがGoogleに間違いなく伝わるようになります

人間が読む分には必要ありませんが、Googleに対してはあったほうがより確実に伝わるので、キーワードを入れ込んでおくのです。

すべての見出しにキーワードを含める必要はありませんが、不自然にならない程度に適宜キーワードを入れていくようにしましょう。

ディスクリプション(説明文)

「ディスクリプション(説明文)」にも、キーワードを積極的に入れていきます。

ディスクリプションというのは、検索結果でリンクの下に表示される説明文のことです。

ディスクリプション(説明文)

ディスクリプションの設定は必須ではなく、何も設定していなければGoogleが勝手に記事の一部を抜き出して表示してくれます。

ただ、「設定しておいたほうがSEO的にちょっとお得」ということで、クライアントの方針次第では、WEBライターがディスクリプションまで執筆することになります。

ディスクリプションに関しては、検索順位に直接影響するというよりは、「検索結果上でのクリック率が上がる」ことによって、間接的にSEO対策につながります。

なお、WordPressで直接入稿する場合には、ディスクリプションは下の画像で示した箇所に入力することになります。

WordPressの場合は記事編集画面の下にディスクリプションを入力する

本文

当然ながら、記事の「本文」にもキーワードを入れていきます。

これについてはわざわざ意識しなくても、たいていの場合、自然と本文にキーワードが多く登場するはずです。

昔はGoogleのアルゴリズムが今よりも単純で、本文の「キーワード含有率」はかなり大きな要因になっていました。そのため、わざわざチェックツールなどを使って、キーワード含有率が○%になるように……などと気にする人も多かったです。

しかし、現在では、キーワードの含有率を多少増やしてみたところで、SEO上の効果はほとんどありません。

なので、キーワードが本文に自然に登場しにくい場合にのみ、ちょっと意識して登場させてあげる、くらいの感覚でいいと思います。

※当然ながら、クライアントから指定がある場合はそれに従いましょう。

WEBライターのSEO②:「検索意図」に120%答える

WEBライターのSEO②検索意図に答える

キーワードを意識することがSEOの基礎だとしたら、SEOの応用編と言えるのが「検索意図」を考えることです。

Googleはどのような記事を高く評価するのか?

それは、検索した人のニーズに120%答えるような記事です。

SEOは最終的に、検索した人の「検索意図」にどれだけ答えられるか?を競うものになってきます。

SEOに重要な「検索意図」とは?

検索した人は“何かしらの意図”を持って検索をかけています。それを「検索意図」と呼びます。

もっとわかりやすく言うと、

検索意図=検索した人の「知りたいこと」は何か?

ということです。

検索は質問であり、記事はそれに対する答えです。

Googleに高く評価されるためには、検索した人の「知りたいこと」にきっちり答えてあげる必要があります。

Googleに高く評価される、SEOに強い記事を作ろうと思ったら、検索キーワードの背後に隠された「検索意図」をよくよく吟味する必要があります。

「検索意図」は奥が深い

検索した人の「知りたいこと」を先回って考えるのは、想像以上に難しいことです。

たとえば、「カレー 保存」というキーワードで記事を書くとします。

この場合、検索者の「知りたいこと」はなんでしょう?

もちろん、表面的には「カレーの保存方法が知りたい」ということですが、だからといって「タッパーに入れて冷凍すればいいよ」と答えるだけでは不十分です。

なぜなら、この場合の「検索意図」にはもっとたくさんの「知りたいこと」が含まれているからです。

パッと思いつくだけでも、

  • 常温じゃダメなの?
  • 冷凍するべき?
  • 冷蔵だとどのくらい持つの?
  • 味が落ちないのは?
  • 菌が増えたりしない?大丈夫?根拠は?
  • 保存がNGな具材とかはないの?
  • 冷蔵庫の中が臭くならない工夫とかある?

など、いろいろなものが考えられます。

「カレー 保存」でSEO対策をするならば、これらの疑問をスッキリ解消し、具体的な行動(この場合はカレーを保存すること)までスムーズに導いてあげられるような記事にしなければいけません。

「網羅性」の高い記事を書く

検索意図に答えるための具体的な方法としては、「網羅性の高い記事を書く」ことが重要です。

現在のGoogle環境においては、網羅性の高い記事がSEOにとても強くなっています。

なぜなら、

網羅性の高い記事=幅広い検索意図に答えられる

からです。

同じ検索ワードを使ったとしても、検索した人の「知りたいこと」が同一とは限りません。

たとえば、同じ「カレー 保存」というキーワードで検索したとしても、

Aさん:「カレーを保存するなら冷蔵と冷凍のどちらがいいのか?」を知りたい

Bさん:「冷凍保存することは決まっているけど、どんな容器に入れればいいのか?」を知りたい

Cさん:「めんどくさいから常温で保存したいけど、夏はさすがにヤバいのかな?」を知りたい

このような「検索意図」のブレが生じます。

これで困るのはGoogleです。

というのも、異なったニーズに対して、どのような記事を上位に表示すればいいのか迷うからです。

そこで、どのパターンにも対応できる=網羅性の高い記事が重宝されることになります。

すべてのパターンの答えが書いてある記事を上位表示しておけば、みんな満足してくれるだろう、ということですね。

サジェストを活用しよう

記事に網羅性を持たせるときは、サジェストを活用すると便利です。

網羅性が大事とは言っても、「検索した人がどんなことを疑問に思いそうか?」を自分の頭だけで洗い出すのはなかなか大変です。

そこで、サジェストが役立ちます。

サジェストとは、検索窓にキーワードを打ち込んだときに出てくる、予測キーワード候補のことです。

たとえば、検索窓に「カレー 保存方法」と打ち込み、スペースを一つ打つと、下の画像のようにたくさんのサジェストが出てきます。

Google検索のサジェスト機能

これらのキーワード候補は「カレー 保存方法」と検索する人が、具体的にどのような内容を知りたがっているのかを反映しています。

たとえば、「夏」というサジェストからは「夏だと常温保存でどのくらい持つのか?」を記事に盛り込むべきだということがわかります。

また、「ジップロック」というサジェストからは「ジップロックで保存する場合のやり方」を紹介すべきだとわかります。このあたりは自分の頭だけではなかなか思いつかないところだと思います。

このように、サジェストを見ながら、そのキーワードまわりでどのような情報が求められているのかをチェックし、記事の内容作りに役立てることができます。

検索上位の記事を参考にする

「検索意図」に答える上で、検索結果の上位にある記事を参考にすることも役に立ちます。

検索上位に表示されている記事は、そのキーワードにおいてすでにGoogleから高く評価されているページです。

つまり、

検索上位=「検索意図」にしっかり答えられている記事

ということになりますので、そのキーワードの「検索意図」を把握し、どのような情報が求められているのかを知るのに役立ちます。

ただし、内容をそのままコピーしても意味がありませんので、

  • 新しい情報を付け加える
  • 説明をもっとわかりやすくする
  • 切り口を変えてみる

など、何かしらの新しい価値を付け加えるようにしましょう。

一つの記事だけを参考にするとどうしても似通ってしまいます。なので、複数の記事を参考にしたり、より専門的な記事などもリサーチした上で、他のサイトよりも質の高い記事を書くように心がけましょう。

SEO対策のできるWEBライターを目指そう

以上、WEBライターに求められるSEOの基礎知識について説明してきました。

おさらいになりますが、大事なことは、

  1. Googleにページの内容を知ってもらうための工夫
    「キーワード」を意識的に配置する
  2. Googleにページの価値を高く評価してもらうための工夫
    「検索意図」に120%答える

の2点です。

SEOは結局のところ、どこまで「おもてなし」ができるか、という問題になります。

人間に対しても、Googleに対しても、わかりやすくて親切な記事を書くことがSEOを意識したライティングの要です。

同じような内容の記事でも、ちょっとした手間をかけることで、SEOに強い記事に変身させることができます。

SEOに強い記事はクライアントに喜んでもらえます。ぜひマスターして、重宝されるWEBライターを目指しましょう。