1回目の婚活デートで会話がつづかない!上手な話のふくらませ方

婚活の初デートでの会話のやり方

婚活デートで女性と会ったのに、肝心の会話がつづかない……。

初デートでは、お互いに緊張していることもあり、会話が途切れてしまって、気まずい空気になることも。

そこで今回は、会話が苦手な男性の方向けに、これを覚えておけば自然と話をふくらませられる!という方法を紹介していきます。

すぐに使えるテクニックなので、ぜひ覚えていって、次回のデートから活用してみてくださいね。

初デートの会話で男性が心がけるべき3つのポイント

具体的な話題に入る前に、最低限これだけは抑えておこうという、基本的なポイントを確認しましょう。

1,話す内容は「無難」でOK

婚活デートにおける会話は、ありきたりな内容でOKです。

たまに「面白い話をしなければ、つまらない男だと思われてしまうかも」と考えている人がいますが、婚活をしている女性たちは、別に面白い話ができる人間を探しているわけではありません。

結婚を見据えて安心して付き合うことができる男性を探しているのです。

その点において、「無難な話が求められる場面で、無難な話がちゃんとできる」というのは大切なことです。

なので、会話の内容自体は、趣味の話や休日の過ごし方など、平凡でありきたりなもので構いません。

むしろ、TPOにそぐわない話題を振ってしまうことのほうを警戒してください。

2,自分は聞き役に回り、女性にしゃべらせる

女性に「楽しかった!」と思ってもらうためには、とにかく相手の女性にたくさんしゃべってもらうことです。

会話が上手い人というと、面白いことや気の利いたことを口にして場を盛り上げる「お笑い芸人」みたいな人を思い浮かべるかもしれません。

ですが、婚活デートでそんなことをしたら逆にひんしゅくものです。

男性にしろ女性にしろ、おしゃべりが楽しかったと感じるのは、聞き役に回ったときではなく、自分がたくさん話したときです。

男性は基本的に聞き役に回り、「へぇ~」「そうなんだ!」「いいね!」とリアクションを返しながら、女性に気持ちよくしゃべってもらうようにしましょう。

3,とにかくすべて「共感」で返す

相手の話した内容にはすべて「共感」で返しましょう。

もし内心「自分とは違うな」と思っても、第一声は「あ~、わかります」と受けます。

女性同士の会話は「わかる」と「ヤバい」の二つの単語だけで成り立っている……というジョークがあるように、女性のおしゃべりは常に「共感されること」が前提になっています。

せっかくしゃべったのに共感が返ってこないと、女性の会話熱は一気に冷めてしまいます。

男性同士の会話であれば、「きみはそうなんだね。自分はこうだよ」で何の問題も起こりません。ですが、女性相手に同じことをすると、「なんでわざわざ否定してくるの?」と不愉快に思われてしまいます。

女性とのおしゃべりでは「共感が先、自分の話は後」を鉄則にしましょう。

自然と会話がつづくようになる!トピック別の上手な話のふくらませ方

では、1回目の婚活デートでは具体的にどのように話をふくらませればいいのでしょう?

実は、型どおりの無難な話であっても、ちょっとした心がけ一つで、自然と話が弾むようになったりします。

婚活デートでよく話される話題で、どうすれば自然と話がふくらむようになるのか、一つずつ見ていきましょう。

趣味の話

趣味の話は鉄板中の鉄板です。

本来、趣味の話というのは、聞き手にさえ恵まれれば、何時間でも楽しくしゃべることができるものです。

それなのに、もし相手の趣味の話で会話が弾まないのであれば、それはあなたの聞き方がマズい証拠です。

ポイントは、相手の趣味について本気で興味を持つことです。

表面的に話を合わせようとすると、どうしてもボロが出ます。「この人、ホントは興味ないのに話を合わせているな」と思われると、相手は面白くもなんともなくなってしまいます。

そこで、相手の趣味についてたずねるときには、自分が「その趣味をはじめようと思っている初心者」の気持ちになって話を聞きましょう。

たとえば、相手の趣味が「ヨガ」であれば、「明日から自分もヨガ教室に通うんだ」と思い込みます。すると、「ヨガってそもそもなんなの?」「体が硬くてもできるの?」「男でやっている人もいるの?」などなど、自然と聞きたいことがたくさん出てくるはずです。

自然な感じでどんどん質問が出てくるようになるので、女性のほうも自分に興味を持たれているように感じ、会話を楽しんでくれます。

仕事の話

仕事の話も、婚活デートで振りやすい話題です。

趣味と同じで、相手はいくらでも話すことができるトピックです。

仕事の場合も、相手の仕事内容に本気で興味を持つことがポイントになります。

「自分も明日からその仕事に就くんだ」という気持ちで相手の話に耳を傾ければ、聞きたいことが自然と浮かんできます。

ちょくちょく相手の仕事のステキさを口にすると、相手も気持ちよく話すことができます。

ただし、「どういうことをする仕事なのか?」に焦点をしぼり、年収や役職などの生々しい部分には触れないように気をつける必要があります。

また、人によっては仕事について話すこと自体を好まない人もいます。相手が話しにくそうにしていたら早めに切り上げて、別の話題に移るようにしてください。

休日の過ごし方

休日の過ごし方も、初デートでする会話の鉄板ネタです。

休日の過ごし方についての会話のポイントは、共感を示すことです。

趣味や仕事はバラバラでも構いませんが、休日の過ごし方がバラバラだと、お付き合いしたときのビジョンが見えにくくなってしまい、候補から外されてしまう可能性があります。

たとえば、相手がインドア派なのに、こちらがバリバリのアウトドア派であれば、その時点でもうお付き合いは難しいかな……という話になってしまいかねません。

将来的に結婚を考えているのなら、なおさらです。

なので、相手が自分と異なる過ごし方をしていても、「家でのんびり過ごすのいいですね。自分も……」という感じで、まず最初は相手の過ごし方に寄せて話すようにしましょう。

先に共感を示した上で、「実はアウトドアも結構好きで、たまに行くんですよ」という風につなげれば、相手のほうも「それもステキですね!」と応じてくれるはずです。

子ども時代・学生時代の話

会話が盛り上がりに欠けるときに試してほしいのが、子どもの頃の話や学生時代の話です。

どんなに話し下手な人でも、まず間違いなく盛り上がることができる鉄板中の鉄板ネタです。

「休日はどんな風に過ごされてますか?」が必ずしも膨らむとは限りませんが、「どんな学生時代でした?」であれば膨らまないことはまずありません。

「部活はなにを?」「勉強、得意でした?」「どの科目が?」「修学旅行どこでした?」などいくらでも膨らませることができるでしょう。

自分も相手も子ども時代・学生時代を体験しているので、自分はこうだった、相手はこうだったと言い合いながら盛り上がることができます。

過去の話を共有することで親近感が生まれ、相手との距離がぐっと近づきやすい点もポイントです。

1回目の婚活デートで話してはいけないNGネタ

 

では逆に、初デートでこれだけは話したらダメ!という話題はなんでしょう?

いくつかあるので、見ていきましょう。

結婚に関する話

1回目の婚活デートでは、結婚や結婚後の話はNGです。

もちろん、婚活で知り合っている以上、いつかは話さなければいけない話題です。とはいえ、1回目のデートで話すのは、いくらなんでも気が早すぎます。

女性からすると、まだ好きになってもいない男性から「結婚後はどういう生活がしたいですか?」「子どもはほしいですか?」などといった話をされるのは、苦痛でしかありません。

婚活に関する話

「婚活をはじめてどのくらいですか?」「他に会っている人がいますか?」などと、婚活に関する話題を振るのもNGです。

お互いに婚活を進めていることをわかっていても、相手の活動についてはノータッチというのが、まともな大人の対応であり、暗黙の了解です。

ムードも台無しですし、必死すぎて余裕がない感じがしてしまいます。

相手の婚活状況が気になるのはわかりますが、ぐっとこらえて「大人の対応」をしましょう。

過去の恋愛経験の話

1回目の婚活デートで、過去の恋愛話はやめましょう。

一般的には話が盛り上がるネタではありますが、1回目のデートから恋愛遍歴の話をするのは、「男女」を意識しすぎていて生々しく感じてしまうからです。

1回目のデートはただの顔合わせです。爽やかにいきましょう。

自慢話

男性がついついしてしまいがちなのが自慢話です。

自慢話と言われてピンとこない人でも、自己PRと言い換えれば心当たりがあったりするのではないでしょうか? しかし、どちらも同じことです。

どれほど凄い内容であっても、「初デートでいきなり自慢話をしてきた」というマイナスを埋め合わせるには足りません。

婚活デートでどうしても会話がつづかないときは?

どんなに短くても1時間以上に及ぶデートの時間。どうしても沈黙が流れてしまう場面もあるかもしれません。

そんなとき、どうすればいいのでしょうか?

緊張していることを素直に言う

会話が途切れがちなときは、「すみません。緊張しちゃって上手く話せなくて……」と素直に伝えるのが吉です。

初デートで緊張するのは当たり前です。

沈黙が流れたとき、お互いに気まずい思いをしています。

「緊張しちゃって」と自分のほうから切り出すことで、相手の緊張を解いてあげることにもつながるので、積極的に伝えるべきです。

それを聞いて「情けないやつ」と思う人はまずいません。むしろ、「素直でいい人だなあ」「自分も緊張していたから助かった」と思ってもらえるはずです。

お互いに緊張していることを認め合ったことによって、肩の力が抜け、そこからは自然な感じでしゃべれるようになることも少なくありません。

適度な沈黙はあって当然と考える

沈黙をあまり気にしすぎないことも重要です。

会話に苦手意識を持っている男性は、「沈黙はあってはいけないもの」という気持ちが強いため、話が途切れると焦ってしまうことが多いです。

ですが、そういった態度こそが余計に沈黙を気詰まりなものにする、という側面も。

そもそもの話、食事の席の会話では、適度な沈黙があるほうが自然です。

ずっと会話をしつづけるのは疲れてしまいますので、束の間のインターバルはけっして悪いことではありません。

むしろ、周囲の情景に目を向けて「いい天気ですね」「のどかでいいですね」などと、二人の間をゆっくり流れる時間を楽しむくらいの余裕があったほうが、素敵に映ります。

多少の沈黙は必要なインターバルと許容し、あまり気にしすぎないようにしましょう。

おわりに

婚活デートで会話がつづかないときの対処法について説明しました。

1回目のデートはあなたの第一印象を決める大事な場面です。

できるだけ楽しく会話ができるように、この記事に書いたことを頭の片隅に入れて、ちょっとだけ意識しながら話してみてください。

コツさえ掴めば、自然と話が弾むようになって、二回目以降のデートにもつながっていくはずですよ。